『振袖用帯揚げ・帯締め』

柳川だより
10 /17 2017
一生に一度の二十歳の門出に

晴れやかな振袖を着てお祝い・・・
IMG_2778.jpg

上品な小物あわせでより綺麗に

おしゃれ感がアップしますよ!
IMG_2779.jpg


うるわしさあふれる

和美の魅力を見せましょう!


もろふじおススメ商品です(´ω`*)!



呉服のもろふじ 柳川本店
0944-72-4272
柳川市袋町16-2
営業時間 10:00~18:30
定休日 水曜日

題名「着物のなんで??? Vol⑨」

もろふじNEWS
10 /16 2017
第9回目は「博多献上柄」????について・・・

もろふじ全店の取り組みで今特に力を入れている商品が

博多織です。

先日、もろふじ本店でも織元様で研修をさせて頂き、物作りの大変さ

を実感して来ました。

この感動を商品を通じて皆様にお伝えしていきたいと思います。

ところで

博多織はよく「献上柄」って聞きますよね????

誰がどこに献上されたんでしょうか????


答えは・・・・


慶長五年(1600)、黒田長政は関ヶ原の戦いでの活躍を認められ、

筑前五十二万石の大名に出世しました。博多織は、この長政に大変気に入られ、

藩の軍旗に使われただけでなく、幕府への献上品とされました。

毎年三月に帯地十筋、生絹三疋を恒例として献上、

ここから「献上博多帯」の名称が生まれることになったそうですよ。

献上柄


博多織の特徴は・・・

細い経糸(たていと)を多く用い、太い緯糸(よこいと)を筬で強く打ち込み、

主に経糸を浮かせて柄を織り出すのが博多織の特徴。

先染めまたは先練り。

材料は絹糸・金糸・銀糸など生地に厚みや張りがあって、帯としての用途に適してます。

博多帯の締め心地には定評があり、締める際には「キュッキュッ」と絹鳴りしますね。


西陣織などの帯に比べて経糸の密度が非常に高く、「一度締めたらゆるまない」

と言われるほど締めやすくてゆるみにくいのが特徴の博多帯。

色は全体的に締まった色が多い印象です。

大島紬や小紋なんかの洒落物にベストマッチ!!

これからの着物シーズンには、いっぺん締めてはいよ(*´▽`*)

次回からも「着物のなんで??」に迫ってみたいと思います。



呉服のもろふじ 柳川本店
0944-72-4272
柳川市袋町16-2
営業時間 10:00~18:30
定休日 水曜日




おしゃれ草履カレンブロッソ

柳川本店
09 /29 2017

只今、人気のカレンブロッソが、
入荷しました!

裏にゴムが張ってあるので、
雨の日でも履けるし、
多少地面が濡れてる程度なら
かかとの切込みで
泥はねしません。
DSC_0217.jpg

紬や小紋など普段着に、ピッタリ!

DSC_0218.jpg

美術館.小旅行.展覧会.観劇.
カフェでランチ等、
着物でお出掛けに、カレンブロッソ(^^♪

歩きやすく、鼻緒が痛くなりにくく、
足の裏が痛くならないしすべらないですよ。

季節を問わず、真夏にも履けます。


もろふじおススメ商品です(´ω`*)!



呉服のもろふじ 柳川本店
0944-72-4272
柳川市袋町16-2
営業時間 10:00~18:30
定休日 水曜日

もろふじ本店「産地研修会」 博多織

もろふじNEWS
09 /21 2017
 本日、筑紫野市にある西村織物に研修会に参加させていただきました。

1枚目

 今回は博多織を実際作っている工場を特別に見学させていただきました。

3枚目

4枚目

6枚目

 博多織は歴史が古く、鎌倉時代の1241年に宋から博多商人の満田弥三右衛門(1202年~1282年)が持ち帰った
唐織の技術が博多織の始まりです。

 そんな古い歴史の博多織を見学させて頂き、改めて博多織の技術に感動しました。
 そんな博多織が今月下旬に本店に入ってきます。

2枚目

みなさんも楽しみに博多織をに見に来てください。



呉服のもろふじ 柳川本店
0944-72-4272
柳川市袋町16-2
営業時間 10:00~18:30
定休日 水曜日



七五三いつ?数え歳?満年齢?何歳で?

柳川本店
09 /05 2017
IMG_2438.jpg
こんにちは(^∇^)
七五三の時期も、あと二か月を切りましたね。
そろそろお母さま、おばぁちゃまも
調べたり探しているころではないでしょうか?

まず最初に、
七五三は主に11月15日に行われるお祝行事です。

近年では、両親の都合などがあり
11月15日を過ぎてからも都合のきく日にと珍しくありません(*´v`)

10月末から11末の吉日や土日祝日などを利用して
お祝いお参りを行うご家庭も多いです。
IMG_2439.jpg
年齢に関しては、

満3歳、5歳、7歳でお祝いするのか?
数え年で、3歳、5歳、7歳でお祝いするのか?

と言う疑問がでますが今では、

女の子は満3歳、満7歳。
男の子は満3歳、満5歳。

と満年齢でお祝いするのが一般的です。
昔は、数え年でお祝いしていました。
IMG_2436.jpg
年の近い兄弟姉妹がいる場合、
上の子の満年齢にあわせて下の子は数え年で
っと一緒に七五三を祝う方法もよくあります。

また、地域や家庭によって
「数え年」「満年齢」と慣例がありますので
事前にまわりの人に確認しておくのもいいでしょう(*^_^*)


呉服のもろふじ 柳川本店
0944-72-4272
柳川市袋町16-2
営業時間 10:00~18:30
定休日 水曜日


MOROFUJI

着物・振袖・浴衣・和雑貨の事なら「もろふじ」にご相談下さい。
呉服のもろふじ
ホームページ